お知らせ | 公益社団法人 大正琴協会

文字サイズ標準大特大

お知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

リンク

RSS

モバイル

qrcode

「平成26年全国子供大正琴コンクール」出場者募集のお知らせ

「平成26年全国子供大正琴コンクール」の開催が決まりました。
当コンクールは、次世代を担う子供達へ大正琴音楽文化を伝承する事を目的に開催し、今回で6度目を迎えます。回を重ねるごとに出場する子供達も増えてきました。
参加することで、大正琴を習う子供達に大きな目標ができます。指導者と子供達がひとつになり、目標に向かって頑張ってみませんか。

・開催日  平成26年8月23日(土)
・場所   ウィルあいち ウィルホール(名古屋市東区)
・部門   ライブ参加の部:会場に来場し舞台での演奏を審査します。
      ビデオ参加の部:録画映像を審査します。
・募集期間 平成25年12月2日(月)〜平成26年7月7日(月)

※前年度の成果発表もできるよう募集期間を拡大するとともに、応募実態に合わせアンサンブル部門(合奏)ソロ部門とも年齢の区分を2つに変更しました。
詳しくは、ごちらをご覧ください。

H25子供コンクール
平成25年度全国子ども大正琴コンクールの様子
 

名誉会長鈴木萬司理事が「社会教育功労賞」を受賞しました

この度、当協会名誉会長を務める鈴木萬司理事は、社会教育の振興に功績のあった者に文部科学大臣から贈られる「社会教育功労賞」を受賞し、去る平成25年11月14日、文部科学省講堂にて行われた表彰式に出席しました。
鈴木理事は、当協会の発起人として設立に寄与し、設立後も理事として大正琴を通じた生涯学習の普及、ならびに大正琴音楽文化の発展に継続して尽力しております。その功績が認められ、今回の受賞に至りました。

社会教育功労賞
「社会教育功労賞」を受賞された方々の記念写真
 ※鈴木理事は、1列目左から2番目です。



 

「平成25年度全国子ども大正琴コンクール」インターネット生中継のお知らせ

 「平成25年度全国子ども大正琴コンクール」をインターネットで生中継します。
出場グループの演奏はもちろん、審査結果の発表も生中継しますので、ビデオ参加部門の審査結果もリアルタイムでご覧いただけます。
【放映時間】
 平成25年8月24日(土) 13時00分から16時45分まで(予定)
【視聴方法】
 当協会ホームページのトップページ右下にある「全国子ども大正琴コンクール生中継」のボタンをクリックしてください。
【ご注意】
 お使いのパソコンの設定によってはインターネット配信をご覧いただけない場合があります。
 また、携帯電話などでご覧になる方は、ご契約のプランによってはインターネット接続料金が高額となる場合がありますのでご注意いください。

平成25年度普及功労者表彰事業の「表彰式」を行いました

 平成25年6月5日名古屋ガーデンパレスにて、大正琴の普及に尽力された22名の方々へ表彰状が授与されました。
受賞者の皆様おめでとうございました。

受賞者される先生をお祝いしようと大勢のお弟子さんもお越しになり、また、和服をおめしになられた受賞者もおられ、華やかな表彰式となりました。



表彰状の授与が終わった後、受賞者を代表し石田佐和子先生が祝辞を述べられ、先生と大正琴の出会い、大正琴とともに歩んだ人生についてお話をされました。

第1回通常総会を開催しました

 平成25年6月5日に名古屋ガーデンパレスにて、公益社団法人移行後最初の「通常総会」を開催しました。
名古屋市近郊を始め北は青森県、西は広島県の会員の皆様にご出席いただき、「定款の一部変更」「平成24年度事業報告」「平成24年度収支決算」についてご承認いただき、無事終了することができました。
この場をお借りして、ご協力いただきました会員の皆様に御礼申し上げます。有り難うございました。



ホームページをリニューアルしました

大正琴協会では、新年度を迎えた平成25年4月1日からホームページをリニューアルしました。

皆様に随時新しい情報をお伝えする「お知らせ」ページを設けたほか、大正琴の歴史や当協会の活動、演奏会案内等々、これまで以上に分かりやすく大正琴に関する情報をお届けして参ります。

多くの皆様にご覧いただければ幸いです。

公益社団法人大正琴協会のマークが制定されました

大正琴協会では、公益社団法人移行を機に、当協会の活動を象徴するマークを制定しました。

大正琴音楽文化を育み、その伝統を次世代へ継承していく姿を、「核(コア)」を大切に包み込む「手」のイメージで表しています。大正琴が日本で生まれた楽器であることから、赤い「核(コア)」は、「日の丸」にも通じています。

大正琴協会ロゴ

4月1日から「公益社団法人大正琴協会」となりました

社団法人大正琴協会は、平成5年5月に当時の文部省(現:文部科学省)の許可により設立し、日本固有の楽器である大正琴の普及と、生涯学習活動の推進に努めて参りました。

平成20年に施行された国の公益法人制度改革に伴い、当協会はこのほど内閣総理大臣より「公益社団法人」として認定され、平成25年4月1日より「公益社団法人大正琴協会」として新たな一歩を踏み出しました。

今後は、一層公益という観点から事業に取り組んで参りますので、皆様のご支援をお願い申し上げます。

ホームお知らせ大正琴協会とは大正琴普及活動全国子供大正琴コンクール演奏会その他の活動