お知らせ | 公益社団法人 大正琴協会

文字サイズ標準大特大

お知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS

モバイル

qrcode

東海地区で大正琴がオンエアされました!

令和元年9月3日(火)、NHK名古屋放送局をキー局として東海7県に生放送されている「さらさらサラダ」にて「大正琴に挑戦!」というタイトルで大正琴が紹介されました。

番組では、当協会所属の指導者3名が演奏を披露し、大正琴の歴史や次世代への継承の取り組みなどを映像を交えてお伝えしました。

また、MCの二人も大正琴演奏を体験し、番組最後には「きらきらぼし」などを皆で合奏するなど約30分という限られた放送時間ではありましたが、大正琴の魅力をご紹介することができました。

 

 

 

 

熊本県と大分県を震源とする地震について

4月14日から、熊本県と大分県を震源に広範囲で地震が連続して発生し、多くの被害が報じられております。
この地震で被災された皆さまにお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表します。
一刻も早い地震活動の終息を心からお祈りいたします。

全国都市緑化あいちフェアに協会グループが参加しました

11月3日(火)文化の日に、愛・地球博記念公園にて開催された「第32回全国都市緑化あいちフェア」の県民ステージで、来年の「第31回国民文化祭・あいち2016」のPRのため、大正琴協会合同チームが演奏を披露しました。
当日は爽やかな秋空のもと、鹿児島の国民文化祭でも演奏した「栄光の架橋」と「東京VICTORY」をパワフルにお届けしたほか、国文祭マスコットキャラクターの“ブンゾー”や、国文祭PRキャンペーン隊のsweetmagic2015がステージを盛り上げました。
舞台前に広がるフードコーナーは、大勢の家族連れで賑わっていて幅広い世代の皆さんに大正琴を紹介する良い機会となりました。
緑化フェア2


緑化フェア1

第30回国民文化祭「大正琴の祭典」に協会グループが出場しました

10月31日(土)、31日(日)の二日間に渡り亘り、鹿児島県の宝山ホール(鹿児島県文化センター)にて、第30回国民文化祭・かごしま2015「大正琴の祭典」が盛大に開催されました。
来年愛知県で開催される第31回国民文化祭において、当協会が「大正琴の祭典」を名古屋市で主催することを受け、加盟流会派の合同チームを結成し、2020年の東京オリンピックに負けない盛り上がりで全国の愛好者の皆さまを歓迎したいとの思いを込めて、「栄光の架橋」と「東京VICToRY」を演奏しました。
国民文化祭・あいち2016「大正琴の祭典」の開催要項は改めてご案内いたしますので、多くの皆さまに大正琴発祥の地 名古屋にご参集いただければ幸いです。
最後に、本年の祭典を大成功されました鹿児島市職員を始めスタッフの皆様に敬意を表するとともに、参加者の心こもった歓迎をいただきましたことに感謝申し上げます。

国文祭鹿児島
 

名誉会長鈴木萬司理事が「社会教育功労賞」を受賞しました

この度、当協会名誉会長を務める鈴木萬司理事は、社会教育の振興に功績のあった者に文部科学大臣から贈られる「社会教育功労賞」を受賞し、去る平成25年11月14日、文部科学省講堂にて行われた表彰式に出席しました。
鈴木理事は、当協会の発起人として設立に寄与し、設立後も理事として大正琴を通じた生涯学習の普及、ならびに大正琴音楽文化の発展に継続して尽力しております。その功績が認められ、今回の受賞に至りました。

社会教育功労賞
「社会教育功労賞」を受賞された方々の記念写真
 ※鈴木理事は、1列目左から2番目です。



 

ホームページをリニューアルしました

大正琴協会では、新年度を迎えた平成25年4月1日からホームページをリニューアルしました。

皆様に随時新しい情報をお伝えする「お知らせ」ページを設けたほか、大正琴の歴史や当協会の活動、演奏会案内等々、これまで以上に分かりやすく大正琴に関する情報をお届けして参ります。

多くの皆様にご覧いただければ幸いです。

公益社団法人大正琴協会のマークが制定されました

大正琴協会では、公益社団法人移行を機に、当協会の活動を象徴するマークを制定しました。

大正琴音楽文化を育み、その伝統を次世代へ継承していく姿を、「核(コア)」を大切に包み込む「手」のイメージで表しています。大正琴が日本で生まれた楽器であることから、赤い「核(コア)」は、「日の丸」にも通じています。

大正琴協会ロゴ

4月1日から「公益社団法人大正琴協会」となりました

社団法人大正琴協会は、平成5年5月に当時の文部省(現:文部科学省)の許可により設立し、日本固有の楽器である大正琴の普及と、生涯学習活動の推進に努めて参りました。

平成20年に施行された国の公益法人制度改革に伴い、当協会はこのほど内閣総理大臣より「公益社団法人」として認定され、平成25年4月1日より「公益社団法人大正琴協会」として新たな一歩を踏み出しました。

今後は、一層公益という観点から事業に取り組んで参りますので、皆様のご支援をお願い申し上げます。
1

ホームお知らせ大正琴協会とは大正琴普及活動全国子供大正琴コンクール演奏会その他の活動